期日前投票・不在者投票

期日前投票

投票日当日、仕事などの理由により投票所に行けない人は、投票日の前にあらかじめ投票することができます。身分証明書や印鑑は不要です。

「投票所入場整理券(はがき)」の裏面が期日前投票の宣誓書になっていますので、記入して持参されると手続きが早く済みます。持参しなくても、投票所に備え付けの期日前投票の宣誓書に必要事項を記入していただき、選挙人名簿に登録されていれば、投票できます。

場所(地図) 期間・時間 投票できる人
市役所1階市民ロビー
〔ふれあい広場側〕
11月10日(土曜日)から16日(金曜日)まで
11時から19時まで
全ての区の選挙人名簿登録者
東区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
東区の選挙人名簿登録者
なみきスクエア1階交流ロビー 11月10日(土曜日)から17日(土曜日)まで 
10時から20時まで
博多区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
博多区の選挙人名簿登録者
さざんぴあ博多1階市民ロビー 11月10日(土曜日)から17日(土曜日)まで 
10時から20時まで
中央区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
中央区の選挙人名簿登録者
南区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
南区の選挙人名簿登録者
城南区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
城南区の選挙人名簿登録者
早良区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
早良区の選挙人名簿登録者
入部出張所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
西区役所 11月5日(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
西区の選挙人名簿登録者
西部出張所 11月5(月曜日)から17日(土曜日)まで 
8時30分から20時まで
西区小呂島
〔愛宕浜公民館小呂分館〕
11月12日(月曜日) 
11時から14時まで
選挙人名簿の住所が西区大字小呂島の方
ベイサイドプレイス博多
2階ベイサイドライブホール
11月13日(火曜日) 
15時から19時まで
選挙人名簿の住所が西区大字玄界島の方
九州産業大学 8号館1階ホール 11月7日(水曜日) 
10時から17時まで
東区の選挙人名簿登録者
福岡大学 60周年記念館(ヘリオスプラザ)
2階地域交流サロン
11月7日(水曜日) 
10時から17時まで
城南区の選挙人名簿登録者
西南学院大学 東キャンパス 
西南学院百年館(松緑館)1階ホール
11月8日(木曜日) 
10時から17時まで
早良区の選挙人名簿登録者
九州大学 伊都キャンパス 
伊都ゲストハウス1階多目的ホール
11月9日(金曜日) 
11時30分から18時30分まで
西区の選挙人名簿登録者

※市内で転居された方で、転入届を、10月22日(月曜日)までに出された方は現住所の区、10月23日(火曜日)以降に出された方は前住所の区の選挙人名簿に登録されています。

※駐車場が大変混雑します。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※大学の駐車場は学内関係者用ですので、公共交通機関をご利用ください。

ページの先頭に戻る

出張・旅行先での不在者投票

仕事や旅行などでお住まいの区以外の市区町村(福岡市内の他区を含みます。)に滞在している人は、滞在先の市区町村(以下、福岡市内の区を含みます。)の選挙管理委員会で不在者投票ができます。投票用紙の取り寄せなどに時間を要しますので、早めに手続をしてください。

投票の方法

  1. 不在者投票請求書・宣誓書に必要事項を記入して、住所地の区の選挙管理委員会に郵送し、投票用紙を請求してください。
    arrow 不在者投票請求書・宣誓書【PDF(120kbyte)】
    電子申請による請求も出来ます。
    arrow 電子申請による投票用紙請求
  2. ※電子申請を行うためには、公的個人認証サービスの搭載されたマイナンバーカード(住民基本台帳カード)と、公的個人認証サービスを利用できる環境が必要となります。
    (公的個人認証サービスの詳しい内容は、公的個人認証サービスポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)をご覧ください。)

    ※ファクシミリや電子メールなどによる請求はできません。

  3. 滞在先に投票用紙や関係書類が郵送されてきます。
    ※中に入っている封筒は開封せずに、そのまま滞在先の市区町村選挙管理委員会に持参してください。
  4. 滞在先の市区町村選挙管理委員会の指示に従って投票をしてください。
    ※滞在先の選挙管理委員会で不在者投票ができる時間は、原則として平日の勤務時間内となります。詳しくは、滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせください。
  5. 滞在先の市区町村選挙管理委員会は、投票済みの投票用紙等を住所地の区の選挙管理委員会へ送ります。
    ※詳しくは、住所地の区の選挙管理委員会事務局にお尋ねください。
ページの先頭に戻る

病院・老人ホームでの不在者投票

病院や老人ホ-ムなどで、県の選挙管理委員会が指定した施設に入院・入所している人はその施設内で不在者投票ができます。

投票の方法

  1. 施設の長に不在者投票をしたい旨を申し出てください。
  2. 施設の長が住所地の区の選挙管理委員会に対して、投票される入院・入所者の投票用紙等をまとめて請求します。
  3. 施設の長に、投票される入院・入所者の投票用紙や関係書類が郵送されてきます。
  4. 入院・入所している人が施設内で投票します。
  5. 施設の長は、投票済みの投票用紙等を住所地の区の選挙管理委員会へ送ります。(施設の長は、投票の内容を見ることはできません。)

    ※個人で住所地の区の選挙管理委員会に直接、投票用紙を請求することもできます。 詳しくは、施設又は住所地の区の選挙管理委員会事務局にお尋ねください。

ページの先頭に戻る

郵便等による不在者投票(体に障がいがある方のための投票)

次のいずれかに該当する人は、自宅などで投票用紙に記載して区の選挙管理委員会に郵送する【郵便等による不在者投票】ができます(郵便等の「等」は民間業者による信書便を指します)。投票をするためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けてください。

対象者

◆身体障害者手帳の交付を受けている人

両下肢、体幹、移動機能の障がい 1級・2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい 1級・3級
免疫、肝臓の障がい 1級・2級・3級

◆戦傷病者手帳の交付を受けている人

両下肢、体幹の障がい 特別項症・第1項症・第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がい 特別項症・第1項症・第2項症・第3項症

◆介護保険の要介護者で要介護5の認定を受けている人

ページの先頭に戻る

代理記載制度

郵便等による不在者投票の対象者で次のいずれかに該当し、自ら投票の記載ができない人は、代理記載人に投票用紙に記載してもらうことができます。この場合、あらかじめ、代理記載人の届出が必要です。下記2)をご覧ください。

◆身体障害者手帳の交付を受けていて、上肢又は視覚の障がいの程度が1級の人

◆戦傷病者手帳の交付を受けていて、上肢又は視覚の障がいの程度が特別項症、第1項症、第2項症までの人

ページの先頭に戻る

郵便等投票証明書の交付手続き

郵便等による不在者投票をするためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受ける必要があります。

  1. 代理記載制度を利用しないでよい人
    選挙人が署名した「郵便等投票証明書交付申請書」により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。
    〈添付書類〉
    ・身体障害者手帳、戦傷病者手帳もしくは介護保険の被保険者証
    arrow 郵便等投票証明書交付申請書【PDF(87kbyte)】
  2. 代理記載制度を利用する人
    1. すでに「郵便等投票証明書」の交付を受けている人
      公職選挙法第49条第3項に規定する選挙人に該当する旨の記載に係る申請書」(選挙人の署名は必要ありません。)及び「代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書」により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。「同意書及び宣誓書」には代理記載人の署名が必要です。
      〈添付書類〉
      ・郵便等投票証明書
      ・身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳 arrow 公職選挙法第49条第3項に規定する選挙人に該当する旨の記載に係る申請書【PDF(64kbyte)】 arrow 代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書【PDF(52kbyte)】
    2. 初めて申請する人
      郵便等投票証明書交付申請書(代理記載対象者用)」(選挙人の署名は必要ありません。)及び「代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書」により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。「同意書及び宣誓書」には代理記載人の署名が必要です。
      〈添付書類〉
      ・身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳 arrow 郵便等投票証明書交付申請書(代理記載対象者用)【PDF(90kbyte)】 arrow 代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書【PDF(52kbyte)】
    ページの先頭に戻る

投票の方法

  1. 代理記載制度を利用しないでよい人
    1. 選挙人が署名した「郵便等投票用紙請求書」で投票用紙を請求してください。
      上記請求書を選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送または代理の人が持参してください。投票日の4日前の11月14日(水曜日)17時までに届かないといけませんので手続きはお早めにお願いします。
      〈添付書類〉
      ・郵便等投票証明書
      arrow 郵便等投票用紙請求書【PDF(85kbyte)】
    2. 投票用紙の郵送
      選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会から投票用紙が郵送されてきます。
    3. 投票用紙への記載及び選挙管理委員会への郵送
      選挙人が投票用紙に記載し、所定の封筒に入れて必ず郵便等で選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送してください。(選挙人や代理の人が持参することは認められません。)
  2. 代理記載制度を利用する人
    1. 投票用紙の請求
      郵便等投票用紙請求書(代理記載対象者用)」(選挙人の署名は必要ありません。)で投票用紙を請求してください。上記請求書を選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送または代理の人が持参してください。投票日の4日前の11月14日(水曜日)17時までに届かないといけませんので手続きはお早めにお願いします。
      〈添付書類〉
      ・郵便等投票証明書
      arrow 郵便等投票用紙請求書(代理記載対象者用)【PDF(83kbyte)】
    2. 投票用紙の郵送
      選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会から投票用紙が郵送されてきます。
    3. 投票用紙への記載及び選挙管理委員会への郵送
      代理記載人に投票用紙に記載してもらって、所定の封筒に入れて必ず郵便等で選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送してください。(選挙人や代理の人が持参することは認められません。)

※申請書等をご覧頂くには、Adobe社の「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでないかたは、下のアイコンをクリックしてAdobe社のホームページからダウンロードしてからご覧ください(ダウンロードは無料です)。

前のページに戻る ページの先頭に戻る